地域活動

稲わらを干したよ

投稿日:

農業で独立しようって決めた時、地域に根差す農業で行こうと思ってました。どんなに畑が忙しくても、オーガニックとは関係なくても地区の自治会活動や河川の草刈りなんかは断らずにやってきました。そんなことをしてたら越谷の大きな神社「久伊豆神社」の世話人をお引き受けすることとなり、大鳥居のしめ縄用の稲わらを干す作業をすることになりました。地元の神社のしめ縄づくりに参加できるなんて、とてもうれしくって、農業やってよかったとしみじみ思いました。感無量です。

束ねるぞ~!!

束ねたら、穂先を揃えて円錐状にしてたんぼに載せます。この状態でしばらく乾燥させます。

6人での作業。みんなお年寄りの農家さん。住宅に囲まれたわずかな田んぼは神社のしめ縄を作るために残されていました・・。これ以上、越谷の田んぼは無くしたくないよ。なんとか保存できる活動をしていきたいと思います。

-地域活動


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

関連記事はありませんでした

プロフィール

農家 遊佐謙司(ゆさけんじ)
1968年埼玉県川口市生まれ
2006年より埼玉県越谷市在住
家族 妻、娘3人の5人家族
2016年に脱サラして越谷市で就農。
農薬・化学肥料を使わず、種まきから種採りまでの循環農業を目指しています。

プロフィールへ