農場日記

ライ麦を製粉しました!

投稿日:

越谷産無農薬栽培のライ麦を製粉したぞ~~

去年暮れに種をまいて、今年の7月に収穫して脱穀したライ麦をやっと粉にしました。脱穀したライ麦にはノゲ(穂)が混ざってます。足踏み式脱穀機(ガーコン)は、麦だけ取れればいいんだけど、穂ごと取れちゃうのも多いです。麦のついた穂は唐箕でも飛ばないので、ふるいで取り除くことにしました。

台風18号が近づいてて、外の作業場は雨が吹き込むので玄関で作業です。やるぞ~~!

近所のホームセンターで買ったふるいで選別。網目より小さいライ麦が樽に落ちて大きい穂は残ります。穂のなかには麦がついてるのもあるけど、それを取るとえらい時間がかかるのでスルー。

穂が取れてだいぶきれいになりました。でも細かいヒゲみたいのは取りきれません。

こんなヒゲがいっぱいまだ残ってます。もう一回唐箕かけないとダメだな~。

翌日は台風一過で晴天。午前中にハウスの中で唐箕かけします。ハウスの中は40度以上。久しぶりに暑さでへろへろ~。でもこれで細かいゴミをほぼ除去できたのでだいぶきれいになりました。これでもまだ小石や穂が残るんですが、あとは製粉時に除去するしかないですね。完璧は無理だな。

午後は自宅作業場で製粉。知人農家に教えてもらったドイツ製のライ麦対応製粉機で製粉。少量でも製粉可能ですこぶる使いやすい。とりあえずできた。自家製ライ麦粉!!越谷産無農薬栽培ライ麦!!感動です。

ちょっとピンボケ。う~ん、感無量の手触り・・。

あらかじめ注文してたヒートシール用ポリ袋に500g入れてシーラーで固定。脱酸素剤を入れたので虫も居なくなるし、長期保存も可能になります。

品質表示ラベルを貼って、試作品1号の完成!!やった~、やっと商品になりました。野菜とは手間のかかり方が半端なく多いです。その分やりがいはあるかな。後は売れるかどうか。試作を持って営業するよ~!

 

-農場日記


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

今年はハウスの踏込み温床で無農薬野菜の育苗します!

発酵熱で寒い時期でも育苗できます 踏込み温床作りがスタートしました。ナスやトマト等の夏野菜は5月頃に定植すると初夏から収穫できますが、逆算すると2~3月には種まきしないと間に合いません。でもその時期っ …

さつま芋の伏せ込みをしました(4/4)

さつま芋の伏せ込みをしました。伏せ込みとは、さつま芋の苗を採るために、芋を土に伏せて発芽促進させることです。秋に採れたさつま芋を春まで保存することも初めてだし、苗を採ることも初めてです。今年は苗を購入 …

絶品!無農薬栽培キャベツの定植

3月31日(土)めちゃうまキャベツの定植始まり! 2月に種まきしてビニールハウスにある踏込み温床で育苗し、鉢上げしてからは温床から出してトンネル掛けて育苗してました。ここ2週間位季節外れの暖かさが続き …

温床の温度が40度を超えました!(3/4)

2月24日の温床完成後、1日で5度位上昇して3月4日には43度位まで上昇しました。土の中に手を入れると熱々です。師匠に聞いたら十分な温度とのことで嬉しかった。でも温度はこれが最高で、徐々に下がり始め、 …

温床の温度がもう下がっちゃった。(3/28)

土の温度が43度まで上がったけど、1週間位でどんどん下がり始めてしまい、3月25日頃には20度を切ってしまいました。まだまだ育苗は続くし、寒い時期が続きます。研修先に聞いたら剪定チップの温床は温床内に …