温床作り 農場日記

今年はハウスの踏込み温床で無農薬野菜の育苗します!

投稿日:

発酵熱で寒い時期でも育苗できます

踏込み温床作りがスタートしました。ナスやトマト等の夏野菜は5月頃に定植すると初夏から収穫できますが、逆算すると2~3月には種まきしないと間に合いません。でもその時期って極寒だし、畑に直播しても発芽しません。そのため、先人の知恵で枠の中に落葉やヌカを入れて、踏み込むことで発酵し、発酵熱で発芽させる「踏込み温床」という方法があります。最近は電気シートを使う農家が多いけど、ウチは昔ながらの方法でやります。何と言っても育苗終了した後の落葉等は優良な育苗土として使えるのがなによりの魅力ですね♫

研修先では木の柱と竹で組んでたけど、ウチの近所では入手できないから鉄パイプと支柱で組むことにしました。ハンマーで打ちこん出る時は結構楽しい♪

育苗箱を奥行3枚分置けるサイズにしました。

パイプを打ち込んだら農業用の支柱を組みます。番線(針金)でぎゅっと固定。この方法も研修先で学んでてよかったなぁ~。

写真が逆になっちゃうけど初日(1/18(木))は縄張り(温床の位置及びサイズ決め)とパイプ打込みで終了。

今日(1/19(金))は長手方向の支柱をほぼ終了。なんとなくサイズ感が分かってきました。昨日も今日も作業時間は2時間位です。

16時半位で作業終了。陽が伸びてきましたね。明日には支柱組を終了して藁を差し込んでいく予定です。

-温床作り, 農場日記


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

ナス定植🍆

今年の春は暑いですね。5月に入ってからも初夏のような気候です。でも昨日(5月18日)は暖かい風と冷たい風が時折混じって肌に感じるような過ごしやすかった。久しぶりに何の行事もなく、早朝から夕方までどっぷ …

ライ麦を製粉しました!

越谷産無農薬栽培のライ麦を製粉したぞ~~ 去年暮れに種をまいて、今年の7月に収穫して脱穀したライ麦をやっと粉にしました。脱穀したライ麦にはノゲ(穂)が混ざってます。足踏み式脱穀機(ガーコン)は、麦だけ …

来た~

祝! ブログ初投稿 冷蔵庫がやってきた!

おはようございます。1月に遊佐農場ホームページを公開しているんですが、内容書込みが全く出来てませんでした。農家の冬はやることがいっぱい。春までに、大工工事や設備導入、種苗購入、確定申告等々こなさなくて …

越谷産無農薬大豆苦戦中~♪

3回目の種まきをしました~ 今年は大豆をいっぱい作るぞ~って気合入れて、昨年の3倍の1反6畝で始めたんだけど、昨年には無かったハト害に苦しんでます。 2回目の種蒔き後。防鳥糸を張ったのにこのまばらさ・ …

温床が完成しました。(2/24)

温床枠が出来たので、中に入れる剪定チップを造園屋さんからもらってきました。本来なら落ち葉の方が空気が入って分解が進みやすく、発酵熱も持続するのですが、このあたりでは落ち葉を入手するのが困難なので、剪定 …

プロフィール

農家 遊佐謙司(ゆさけんじ)
1968年埼玉県川口市生まれ
2006年より埼玉県越谷市在住
家族 妻、娘3人の5人家族
2016年に脱サラして越谷市で就農。
農薬・化学肥料を使わず、種まきから種採りまでの循環農業を目指しています。

プロフィールへ