明渠掘り 農場日記

田んぼを畑に改造中。うまくいくかな・・・。

投稿日:

ウチの近所は畑が少ないから、田んぼを借りて、

畑に改造しようと思ってたけど、これが甘かった。非常に甘い。去年は自分の畑側に明渠(めいきょ:溝)を掘ったけど、隣の田んぼからじゃんじゃん浸水してきて、溝に水が溜まり、徐々にウチの畑に浸水して、この畑は使い物にならなかった。

昨年の写真。右が隣の田んぼ。左がウチのたんぼ畑。水が入るとウチの明渠(めいきょ)にすぐ水が溜まる。隣の農家さんは高齢で畦塗(畦を盛り直して水漏れを防止)してないので、畦がつぶれて低い状態。地中はザリガニの穴がいっぱい空いてるから、水がどんどん浸水してくる。

次第にこうなる。上の写真と向きが変わって、左が隣の田んぼ、右がうち。畦が殆ど機能せず、水が乗り越えて、ウチの畑の明渠も乗り越えて、ぐちゃぐちゃ。 自分の畑側で防水してもダメだ・・・。

ウチの田んぼ畑からの写真。左上はライ麦。長靴履いて収穫したよ。右側のしおれているのは赤紫蘇。急いで他の畑に移動したけど、ダメだった。右下の里芋も全滅。こうなると草刈りもできない。

ということで、隣の田んぼ側で浸水対策をしないとダメだと思い、今年は、地主さんの許可を得て防水用の畦板を設置することにした。こうすれば田んぼの水圧で板が畦に密着して防水できると思う。ていうか普通は水漏れしてる田んぼ側で行うことである。地主さんが高齢化して作業できなくなっているのが問題なのだ・・。てなわけで助っ人と二人で明渠工事を始めた!

溝を掘りながら、土を畦を高くする作業も同時進行。

ひたすらスコップで粘土土を掘るのだ・・・。

無数に穴が空いてる。コイツが水漏れの原因、ザリガニの穴である。

一匹、捕まえた。冬眠中・・・。

2月7日(水)現在。ひたすら掘るだけの作業。人手が必要なのでボランティア募集!寒風の中の作業は気持ちいいよ!

 

-明渠掘り, 農場日記


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

ごぼうの種まきです。(4/9)

農家として初めてのごぼう種まきをしました。5年位前に家庭菜園でやった以来です。昨年ごぼうを扱ってないことでお客さんのご要望に対応出来なかったので、今年から追加することにしました。 ・畝幅は90cmピッ …

温床が完成しました。(2/24)

温床枠が出来たので、中に入れる剪定チップを造園屋さんからもらってきました。本来なら落ち葉の方が空気が入って分解が進みやすく、発酵熱も持続するのですが、このあたりでは落ち葉を入手するのが困難なので、剪定 …

マルシェに出店します!

~まちなかマルシェ 11月5日(日)南越谷サンシティ~ 秋はイベントが多いですね♪市民まつりに続いて、南越谷サンシティで開催される「Achaachaまちなかマルシェ」に出店します! 11月4日と5日の …

温床の温度がもう下がっちゃった。(3/28)

土の温度が43度まで上がったけど、1週間位でどんどん下がり始めてしまい、3月25日頃には20度を切ってしまいました。まだまだ育苗は続くし、寒い時期が続きます。研修先に聞いたら剪定チップの温床は温床内に …

ビニールハウスの骨組みがほぼ終わったよ(4/26)

骨組み作り ドアの部分も完成して骨組みがほぼ終わったよ。さすが業者はきれいに作るね。レベル持ち込んでるから水平もばっちり。職人さんは茨城から来てます。ハウス作る職人さんって減ってるから現場は広範囲なん …